スポンサーリンク

佐藤ショウジ先生『トリアージX』23巻 KADOKAWA 感想。



いよいよ、シリンジの本拠へ乗り込み! な23巻。
表紙は、美琴がちょいとセクシーな塩梅で飾っております。

本編はアクション多々で、一気に、気持ちよく読み終えられる塩梅で。
連載で読むのとはまた違う、勢いを持って読める楽しみがあって、
私としては満喫できました。
通して読んでみるとあっという間、でしたけれども。
それだけ、緊張感があって、面白い、ということなのでしょうね。
連載の方の感想は最近書けていないものの、
しっかり読んではおりまして。
以前は結構、前のを忘れてしまったりしていたものが、
不思議、ちゃんとついていけていて。
作品の波に、のってこれているのかしら? と思ったりしつつ。

軸は、狭霧先生の大活躍と、
柩さんの合流、あとは、シリンジ側だったあの娘の参戦でしょうか。
狭霧先生はさすが! な感じと、
ちょいとえちぃのが見事でありまして(笑)。
大きいことを存分に活かしたバトル、見応えございました。
柩さん&意外な娘の合流・参戦は、ちょいと驚きつつ。
事情もしっかり描かれているので、
なるほど、納得で、先のエピソードも楽しみになってくるあたりはさすが、
ですし、
眼鏡っ娘だったり、前髪ぱっつんスキーなので、
参戦は絵面的にも嬉しかったりもしまして(笑)。
こちらの戦線はどう動くのかな?
というのも、新たな見どころとなりました。

連載の方は、オリハちゃんのパートが一段落したあたり。
過去もうまく織り交ぜつつ、
とても良いエピソードでした。
……ということは、そのあとは美琴エピなのかな?
などと妄想も広がりつつ、どうなるのでしょうね。
ここまで、メインで戦っていないシリンジ側人物もいたように思いますし。
もうひと、ふた、悶着はありそでございますけれども。

連載も追いますが、
次巻も楽しみにしております!
えちぃサービスシーン、今回は少なめでしたけれど、
十分に面白かったです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました