スポンサーリンク

鳴見なる先生『渡くんの××が崩壊寸前』10巻 講談社 感想。



文化祭を前にまた一悶着、という感じでしょうかねー。
鳴見なる先生『渡くんの××が崩壊寸前』も10巻でございます。

渡くんと石原さんは一応は別れたものの、
お互いに思い続けてはいて……
で、間に徳井くんやら紗月ちゃんが絡んでくるから、
余計に面倒な入り乱れっぷりでね。

石原さんは渡くんとヨリを戻そうと動いていて。
渡くんは紗月ちゃんの接近に心動きつつも、
どこか石原さんは忘れられない状態で。
そんな状況を認識しながら、徳井くんは動く……という、ね。
どう転ぶのかな、とドキドキしながら読み進めましたけれども。
紗月ちゃんに押し切られるかな?
というような、ドキドキの場面もあったりはしましたが、
そこは渡くん……無事に切り抜けておりまして安心したような、
残念だったような(笑)。

さて、そんな思い入り混じる文化祭。
やはり、色々と起こりまして。
大きな動きはやはり、巻末の一件、でしょうね。
渡くんから、紗月ちゃんへの言葉。
「どういうこと?」という感じで、
次巻での説明がなければ……という悶々さの残る部分で。

にしても、これだと紗月ちゃんが可哀想な感じもして。
うまい落とし込み方、してくれんかなぁ、
と思ったりもするのですが、さて、どのように動くのか。
石原さんとの復縁も確定、というわけではないのでしょうし、
次巻での動きは自然、気になってしまいますよね。

まぁ、そんな塩梅で。
面白くはあったのですが、悶々とした気持ちを抱えつつ、
次巻へ続く、そんな感じでございましたです。
まずは、渡くんの選択、その理由を聴くのが楽しみでございますね。
紗月ちゃんを目の前に、どんなことを話すのか……。

ラブコメ、というには悶々が強めですけれど、
こういう恋愛ものも楽しくで良いですね。
ちと疲れますが(笑)。

巻末予告によれば、次は2021年夏ごろ発売予定、とのこと。
それくらいならあっという間ですね!
期待して待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました