スポンサーリンク

石坂ケンタ先生『ざつ旅-That’s Journey-』4巻 KADOKAWA 感想。

ざつ旅-That's Journey-
新人漫画家の鈴ヶ森ちかは、ネームを持ち込む度に全ボツを食らっていた。 心が折れかけた彼女だが、唐突に旅に出ることを思い立ち――。 ざつな旅だからこそ癒やされる、究極旅コミック!



短い年末年始の休みに入りましたが、
2020年を振り返ってみると、やっぱりアレ一色、ですよね。
ということで、
石坂ケンタ先生『ざつ旅』の4巻でございます。

創作ですので、アレを無理に描く必要はなく、
ガン無視していつものお話を、というのもアリだったはずなのですが、
この作品は真っ向勝負でアレを描いていて好感触、でした。
どうするんだろう? と思っていた部分だったので。

アレで持ちきりの中でも、
できる範囲で旅をする鈴ヶ森さんが良いですよね。
遠くに行く、という方向から、身近なところにシフトして……
より、自分でも試しやすくなった、とでも言うか。
都内をちょっと巡ってみるのは楽しそうですよね。
思えば通勤経路の駅を考えてみても、
降りたことのない駅なんて沢山あるわけで。
そこでちょっと降りて散歩してみるだけでも、
ちょっとした旅、になる訳で。
そんなことを考えながら読み進めた4巻でありました。

もちろん、アレ以前のエピソードも面白かったですよ!
冒頭のバス乗り間違えなんて、本当、よくありそうで。
というか、地域密着なバスの難易度の高さ!!
巡回だの、なんだの(笑)。
先月、帯広旅行した際に割とバスを利用しましたけれど、
乗る都度不安になりましたもん。
割とWeb検索で乗るべきバスはなんとなくわかるのですけど、
やっぱり、どこに連れて行かれるかはどきどきなのでありまして。
流石に慣れない土地だと、
停留所の名前から位置を想像できないのも不安ですしね。
そういうのが面白さ、でもあるのですが。

しかし、まぁ、なんですかね。
ちょっと気分転換のお出かけ気分を刺激してくれる、
そんなお話にこの巻もなっておりまして。
こんなご時世ではありますが、
感染症対策をしっかり取りつつ、
迷惑をかけない範囲で楽しみたいですよねー、
などと思ったのでございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました