スポンサーリンク

kashmir先生『ぱらのま』4巻 白泉社 感想。



kashmir先生の、少々残念なお姉さんが
基本、電車を軸にふらりと旅に出るお話『ぱらのま』。
4巻でございます。
今回は山陰地方への旅を中心に、
ちょいと目的をもったICカード履歴印字の旅、だったり、
幕末史跡を廻る小旅行であったり、
坂・階段探訪……と、
のんびり楽しめる内容で。

ICカード履歴印字は、そういうのがあること自体知らなかったので
軽く衝撃を受けつつ。
一度、試してみたいところ。
旅行ならなおのこと、思い出にもなりますしねー。

眼鏡っ娘さんとの幕末史跡めぐりは、
ふたり、ということで賑やかさもありつつ。
風景、風情を楽しむのとはまた違った面白みが伝わりまして、
たのしゅうございました。
いいなぁ。

ちょっとした小話ではありますが、
お土産のお話も面白かった!!
どこで、どのタイミングで、何を買うか!
迷いますよねー。
確かに、場合によっては通販と変わらんやないかい!
ってことになってしまうし。
そういう悩みもひっくるめて楽しいんですけれど。
ほんと、途中で買うと荷物になっちゃうもんなー。

坂・階段めぐりは読み応え、見ごたえ満点!
こだわると、ここまで色々みて回れるのかー、
というのも興味深くて。
いい運動にもなりそうですし、
密、もそこまで気にかけなくても良さそうで。
このコロナのご時世としては、
こういう身近な観光、より注目されてもいいのかもな、
なんて思いつつ。

山陰地方への旅行は宿もとって、のしっかりした? もので。
移動の大変さも楽しかったですけれども、
個人的にはお宿へのこだわりだったり、
宿からのお散歩だったりが良かったなー。
せっかく泊まるのであれば面白い方がいいですし、
ふらり、街へ散歩へ出られるようなところが、ね!
私だと、たまーに出かけても一泊がせいぜいですので、
今度、何泊かしてお出かけってやってみたいな……。

本編はこのように楽しく、大満足。
さらにカバー裏も見逃せないのが楽園コミックス。
こちらも素敵でありましたですよ。
ツボは2Pカラーちゃん!
私好みのむっちりした感じが最高すぎる……。

もうね、どこも見逃せない一冊になっていて。
ほんと買って良かったな、と幸せになれる。
そいえば、久々で紙で読みましたですよ。
……紙で買っても積んでしまうことが多いので……
連休ですし、も少し溜まってる紙の単行本、
消化してみようかしらねー。

むっちり、少々残念なお姉さんが旅をする作品『ぱらのま』4巻。
旅へ行きたい気持ちも刺激されつつ、
また、満たされたりもして、ゆったり楽しめます。
なかなか遠出が難しいご時世になってしまいましたけれども、
この作品で旅行気分に、というのはわるくないかと思いますですよ!
おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました