スポンサーリンク

ハヤシ先生『いきたいわん! 台湾旅行同好会』1巻 秋田書店 感想。

表紙の女の子、可愛いし、台湾旅行のお話みたいだし、ということで。

内容としては、そのまま。
台湾に惹かれて(例外あり)女子高生4人組で旅行へ。
最初は勢いに任せて? という感じの弾丸ツアー、
過密日程ながらもミルクティー等を堪能。
次の旅では、台湾の朝食メニューを色々、お試し、
と、見どころ満載。
東京でも台湾の朝ごはんを食べられるお店があるみたいなので、
ちょいと機会があったらお出かけしてみたいところです。
東京で食べられる「台湾の朝ごはん」人気店3選
台湾では、朝ごはんを外食したりテイクアウトするのが一般的。そして、そんな台湾の朝食を食べられるお店が、東京で増えているんです。人気の3軒をご紹介します!

お話の間の”いきたいわんメモ!”も、写真たくさんで充実の内容で。
ちょっとした旅行気分を味わえるとともに、
ほんと、行ってみたくなりますねー。
早くアレが落ち着くといいなぁ……。

ちょっとした注意点としては、
えちぃシーンがちらほらとある、というところですねー。
私としてはとっても嬉しいのですけれども、
苦手な人はちょっとダメなのかも、とは思ったりして。
直接的な場面があるわけではなくて、
美味しさの表現であったり、軽いお色気シーンであったり、
程度なのですけれども。
この作品の魅力のひとつ、ですけれど、
気をつけつつ楽しむのが良さそうかな、と。
私は通勤電車で読み進めてドキドキでした(笑)。

トータル。
感想としては、
台湾の魅力、食の素晴らしさ、健康的? なえろーんを目一杯楽しむことが出来、
大満足なのでありました。
登場する女の子が私好みなのも大きいです!
割としっかりお肉のついた感じでして……柔らかそう……。
それはさておきまして(笑)、
台湾に興味がある方はもちろん、旅行が好きだったり、
美味しいものが気になる方にもオススメできる作品になっているかな、
と思います。
若干の、えちぃ表現への耐性は必要ですけれどもね(笑)。

次巻では、どんな美味しいものと出会ったり、
素敵な景色に遭遇したりするのでしょうねー。
同好会、ですから、それっぽい活動もするのかしらん。
……って、同好会ってどんなことするのか、
私、よくわかっていないですが(笑)。
ともかく、今後の展開が楽しみなのでございました。
大同電鍋ユーザーとしては、
電鍋も登場したら嬉しいなぁ、なんて思ったりもして。

それでは、先のお話に期待しつつ、も一回読み返しますかね〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました