スポンサーリンク

原作:高山理図先生/作画:高野聖先生『異世界薬局』8巻 KADOKAWA 感想。

本編では、仕方がないとはいえ珍しい方向に力を使うファルマくんの姿も。
相変わらずの過労気味なところもみえて、
流れ自体は良い塩梅だけれどもファルマくんの
精神、体調面が心配になってきたかも?
実績も積み重なってきて、なかなか避けられない部分も多そうですが、
その辺りは父君あたりの上の方がコントロールしてくれたらなぁ、
なんて思いつつ。

しばし息抜き、な場面はホッとしながら楽しめました。
エレンさんの出番もありましたし!
何気に緊張感のあるシーンが多めの作品に思えますので、
たまにこういうのが挟まれると本当に癒し……ですねぇ、うん。

トータルの流れとしてはペストもおさまり、
全体としても良い方向に流れているようには見えつつも、
やっぱりファルマくんに色々集中していて心配!
な展開ではありまして。
ここから、どう解決していく、というか、
仕組みを作っていくのかが楽しみな感じ、でありましょうか。

一読者としては、エレンさんの出番が増えてくれたら嬉しいんですけど(笑)。
それは、単に私が眼鏡っ娘が好きなだけだからなぁ^^;。

では、今回の感想はこの辺りで。
アニメと次巻に期待を楽しみに。
万全の体調で目一杯楽しめるように備えましょう♪

異世界薬局 (8) (MFC)
KADOKAWA
¥715(2022/03/29 05:32時点)
書籍版
異世界薬局(8) (MFC)
KADOKAWA
¥644(2022/03/29 05:32時点)
Kindle版

コメント

タイトルとURLをコピーしました