スポンサーリンク

原作:伏見つかさ先生/作画:度会けいじ先生『俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせif』1巻 KADOKAWA 感想。



率直に言って、あやせさんスキーにはたまらん一冊でありましょう。
なお、まだ原作の方は読んでおりません。
いずれ、読むつもりではおりますが……。

まずは、絵的に原作の挿絵、アニメ版、
他コミカライズの印象を保つ感じにまとまっているのが大きく。
全く違和感なくお話に入っていけて。

漫画としても、気持ちよくテンポよく読めて好感触で。
あやせさん得意技? な回し蹴りの場面の躍動感も抜群で!
ほんと、テンション上がってきます。

お話の導入がアニメ2期のエピソードから、というのも入りやすく。
また、私的にも一番好きなところだったのでとても嬉しくて(笑)。
そこから、あやせさんとの距離を縮めていくところも……
って、パッと見、縮んでいるようには見えないですけど^^;。
全編に渡ってボイスが脳内で再生されながら読む、というね。
とてもしあわせな時間を過ごさせていただきました。

コミカライズでこれなら、原作は……
と、ワクワクもしますが、
原作の本筋を終わらせるのが怖くて、
最終巻の途中で積んでる私です。
いつになったら原作に手をつけられることやら(笑)。

とても良いコミカライズの印象なので、
まずはこちらを読み終わったら原作の本筋読み切って、
あやせさんのにも手をつけましょうかね!

ほんと、久々にあやせさんに浸らせていただきました。
やっぱ、可愛いよねー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました