スポンサーリンク

はっとりみつる先生『かいじゅう色の島』1巻 KADOKAWA 感想。



基本、Kindleで買う勢としては、
残念ながらフラゲはできず……大人しく発売日に読みましたです。

離島……関西なのかしら? で暮らす棔(こん)ちゃん。
学校ではあまり上手くいっていないみたいだけれども、
そこまでは気にしていないみたいで。
そんな夏のある日、見慣れない女の子が海に転落するところを助けて……。

読んでいての印象は、濃紺、ですかねー。
カラーではないのですけれども。
もちろん、棔ちゃんのスク水の印象に引っ張られているのはあるにせよ。
色と音を、読みながら感じられる、そんな作品。
離島の日々の美しさ、というか、魅力が詰まっていて。
お話とは別に、空気感も素敵な作品でございます。

肝心なお話は。
島での生活の中、学校での女子の間に馴染めずぼっち、な棔ちゃん。
都会からやってきた、
やっぱり、周囲との関係に違和感を感じていた歩流夏(ふるか)ちゃん。
二人がふと出会って、関係を深めて……
若干、百合ん百合んっぽいという情報は目にしていたのですが、
思っていた以上に百合ん百合んでした。
その辺りをふわっと包んでくれるのが、島に伝わる伝承の”かいじゅうさん”。
まだまだハッキリとその関係が見えている訳ではないのですが、
お話が進んでいくと、色々見えてくるのかしら、
と、期待させる展開ではございます。

まぁ、なんというか、私的には三つ編みの女の子が出てくるだけでも
ど直球ストライクな訳なのですが、
どこか懐かしさを感じる街の雰囲気だったり、
ふたりの関係の今後であったり、
“かいじゅうさん”の謎……などなどにすっかり魅了されてしまって。
とっても楽しみな作品が増えてしまいました。

遅れて、でも良いので、
『月刊ドラゴンエイジ』でも時間差掲載とかされたら嬉しいけれど……
素直に『ヤングドラゴンエイジ』買いなさい! ってことなんだろな(笑)。

PVアニメの出来も素敵です。
深夜の短編アニメ、みたいになったら綺麗なんだろうなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました