スポンサーリンク

井上いちろう先生『#離婚して車中泊になりました』朝日新聞出版 感想。



こちらもTwitterのリツイートで見かけて気になっていた作品。
発売日にKindle版をポチりといたしました。

タイトルからわかる通り、
車中泊のお話、なのでございますが、
経緯が離婚から始まるものでありまして、
暗いお話なのかしら、なんて思いながら読みはじめました。

若干の寂しさ(愛犬のあたりなど)は感じるものの、
想像していた暗さというものはなくて。
かといって、明るいものではないけれども。
車中泊のあれこれはとても興味深いですし、
観光関連のお話は単純に楽しく、
美味しそうなご飯もあったりして。
当然、運転に絡むことも描かれていて面白く。

こまめに刻まれていくお話はテンポも良好で、
サクサク読めて心地よく。
それでいて自分の身の回りなんかも考えながら読む場面もあって、
他のコミックスにはない面白さ……というか、何というか、
味わいのある作品に仕上がっています。

巻数はカウントされていないのですけれども、
是非、続きは読んでみたい、と思わせてくれる作品でありました。

書いていて思い出したけれど、
『山と食欲と私』にも車中泊生活はじめたお姉さんが出てきていたっけ。
色々と感じ取りながら、次のステップへ、
なんて感じなのかなぁ。

私の場合ですが、高血圧で通院しているので、
車中泊になると病院・お薬問題が発生するのよね……
その辺り、みなさまどうされているのかしら、
というのは読みながら気になったかしら。
歯医者さんに通う、となると、その周辺に滞在を余儀なくされそうだしなぁ。
週一通院だと問題ないのかな。

作品を読みつつ、
作者さんが感じたであろう面白いことは
かなり伝わった感じはありますし、
本当、ガッツリ売れて欲しいな、良い作品だし! と思った次第。
エッセイ系コミックス好きには文句なしにおすすめできるかも、です。
読んだことをきっかけとして、
日常生活の中で新しい気づきが生まれそうな。
そんな気がしてくる作品なんですよね。

続き、期待でございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました