スポンサーリンク

おおひなたごう先生『星のさいごメシ』1巻 KADOKAWA 感想。



『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』のおおひなたごう先生の新作。
テーマは”さいごメシ”。

編集者の星乃さん。
恋人との関係も順調で、うまくいっていたはずだったのですが、
ある日突然、そのような日々も崩壊。
何もかもを失ったような中、
行きつけのお店で出会ったのが”さいごメシ”という話題。
仕事上でも行き詰まっていた星乃さんは、
これをキッカケに企画を立ち上げ、
様々な人たちの”さいごメシ”を取材することととなるのでした。

星乃さんの状況であったり、
取材先の人の環境? だったりがわりとシリアスなので
笑える感じなのかな? と読み進めてみれば、
さすがのおおひなたごう先生でありまして、
随所にネタが織り交ぜられており、
シリアスさと笑いのバランスが絶妙で。

取り上げられるごはんも、
日常密着のものから、ちょっと豪華なものだったり。
割と身近なものが多くて親近感が湧きます。
テーマ的に、自分なら……というのも、
自然と考えてしまうのも楽しく。

次回は”ボクサーのさいごメシ 後篇”からですね。
なにやら大変そうな中篇の終わり方だったので、
ひと騒動あるのかもしれませんが(笑)。
惹きのある締め方に、2巻が気になってしまいます。
思うツボだ(^^ゞ。

新シリーズということで、すんなり作品にハマれるかどうか、
若干の心配があったのですけれど、
読み始めてみれば杞憂でした。
『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』ファンの方はもちろんのこと、
それ以外の方にも文句なしでオススメできそうな、
そんな作品に仕上がっておりました。

私はもう、次が楽しみでならない感じでありまして……
うん、単行本読みの幸せな読後、ですね。
次巻を楽しみに、日々、乗り切ってまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました