スポンサーリンク

くずしろ先生『兄の嫁と暮らしています。』8巻 スクウェア・エニックス 感想。



随分と積んでおりましたが、
いざページをめくり始めると一気に読了、でした。

志乃ちゃんに思いっきり感情移入してしまっていただけに、
一緒にハッとなる感じで……。
希さんとの関係も、より深まってきましたかねー。
家族、と言っても、こういう様々なことの積み重ね、
なのだなぁ、との思いを強くしながら読み進めました。
お話の時期的にもクリスマスから年末、と、
ただでさえ見どころの多いタイミングではあった訳ですが。
志乃ちゃん、希さんにはさらに特別な時間になったのかな、
と思えるエピソードとなっておりました。
ちょっと明るくなれた、
憑き物が落ちたような志乃ちゃんも一歩前進できた感じですし。
まだまだ兄の存在は大きそうですし、
そう、簡単にはいかないのでしょうけれども。
お兄さんのことはありつつも、
少しずつではあっても今の生活、
今後に向かい合いつつある志乃ちゃん、希さんの姿に、
やっぱり今回もグッとさせられたのでありました。

他の作品にはない面白さが確実にあって。
楽しい、というのとは違う、
揺さぶられる感情、が、なんとも言えないのですよね。
明るい作品ではないので、
心が元気なときでなければチョット厳しいですけどね(笑)。

ということで、8巻も満喫させて頂きました。
次巻発売のときには心身ともに整えて受け止めたいものでございます。
今から調整して参りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました