スポンサーリンク

迂闊先生『のみじょし』10巻 竹書房 感想。

LINEマンガ
映画化、アニメ化で話題のマンガなど、約43万点の豊富なラインナップ!最新刊まで揃うストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも常時開催中!

ついに10巻ですかー、迂闊先生『のみじょし』も。
表紙はのみじょし勢揃いで明るい雰囲気!
といいますか、最終巻? と思ってしまうくらいの感じで
ドッキリしてしまいました(笑)が、そんなこともなく。

さてさて、本編でございますが、
こちらがこれまた多彩なお酒、食の楽しみがギューッと濃縮!
読んでいてこちらまで幸せになるエピソード満載、
たまりませんです!

豪華な訳あり品お取り寄せ宅飲み、
しびれ系のお話に馴染みのお店のイベント出店、
集まっての宅飲みに、
季節の海でのお楽しみ……他にも色々とハッピーががが!

お取り寄せ話は、
単純に楽しそうだなー、という憧れと、
冷蔵庫小さいとコレ、出来ないんだよなー、
という残念感がね……
本当に自炊に気合いを入れるのであれば、
一人暮らしを始めるタイミングだったり、
引っ越しするところで大きめの冷蔵庫を買うべきなのでしょうけれども。
私のウチの冷蔵庫は20年以上前の小さいヤツなので、
おとりよせ、基本的に無理なんですよねぇ……
冷蔵庫に入らねー(T_T)。

しびれ系の家族でのお話は小さい子も可愛く、
それでいて夫婦のおふたりもイイ空気感、
かつ、しびれ料理も美味しそうでたまらなかったです。
こういうほのぼの、なご家庭、憧れますわー。
んで、しびれ、は試してみたい……。

皆で海へ、というのもイイなぁ~!
こういうの、しばらく経験していない……
小中学生の頃は、親戚や友人家族などと海、
行ったものですけれども。
飲めるようになってからは経験なく、
ほんと夢のお話、というか(笑)。
イメージ広げながら楽しみましたです。

自作いくらと鮭で飲むお話も良かったですねー。
地元が北海道なので、
自家製いくらは実家でも作っていたこともあり、
ちょいと身近に感じられました。
鮭との合わせ技は幸せすぎますね……
朝食にいくら、はやりますね(笑)。
本当、気分は貴族なのですよ、あれ(^^ゞ。

紅ズワイ!
蟹さんは実家の父があまり好きではないことがあり、
結果として私もあまり食べない文化、になってしまっただけに、
こういうお話を見ると興味を惹かれてしまいます。
経験値が低いと、こう、うまく身を取れず、
それでいて手間はかかって、
残念な感じになってしまうのですよねぇ……
私の父は自分で色々するのが手間で嫌がっていたようですけれども。
少しずつ経験値あげて、
蟹を余裕をもって楽しめる大人になりたいものだなぁ、
と思いつつ、その美味しさに思い馳せましたです。

夏の話があったと思えば、
ちょいと寒い時期の生姜エピソード。
これもよろしゅうございました。
生姜づくし!
ひとことで生姜、と言いましても様々な楽しみ方、
あるんですなー。
身体に良いことはもちろん、
ぽかぽか効果で寒い日にピッタリ! と。
今は暑い季節ですが、
だからこそ、というのも良さそうですかねー。

家族寿司パーティーも楽しそう、美味しそうで。
ただ食べるだけでも良さそうなのに、
創作系? のお寿司も登場し。
スーパーのパック寿司ばかりの私にとっては
食欲刺激されまくり、という(笑)。
ひとりでもこういうの、楽しいのかもなぁ。
ネタのパックを買ってきて、酢飯はウチで用意して、
というの、楽しいかも、などと夢見たり……。

と、まぁ、楽しゅうございました。
エピソードもみっちゃんに偏らず、
様々なのみじょしさんが登場してワイワイ、なのがよくて。
コロナがもうちょっと収まったらなぁ、
と思いながら、
『のみじょし』読みながら飲む、というのも、
これまたハッピーだったりもするのでありまして。

さて、今度はどんなお酒、お食事が待っているかしらん。
次巻も楽しみにしつつ、
お酒、マイペースで楽しんでまいりますかー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました