スポンサーリンク

蒼樹うめ先生『微熱空間』4巻 白泉社 感想。



めっちゃくちゃ、面白かった!!
同じ屋根の下で暮らす、義理の姉弟、
亜麻音ちゃんと直耶くんのお話も4巻!
すこーしずつ進展ありつつではございましたが、
今回もたまりませんでしたなー。

個人的には、大きく動いたエピソードも好きなのですが、
“.5″系の短いお話がこれまた、じわじわくる塩梅でありまして。
お風呂の順番やら、意図せぬ残り香やら、お小遣いエピ、とかね!
前のふたつは、男子的にはそりゃあ意識しちゃうでしょ、
というね……許して欲しいところです。
お小遣いの話は、母上のいう通りでありまして、
ほんと、色々ルールあるから難しいところですけれども、
同じ屋根の下だったら、かわいそうじゃね?
とか思ったりしました(笑)。

主軸は、本当に良い塩梅に距離が縮まってきた、というか。
お互いに感じている意識が重なってきた、ような。
あとは、家族としてのカタチを保ちながら、
どうやって着地していくのかしら、という部分と、
外野との兼ね合いになるのかなぁ。

すいすい、ここから簡単にお話が進む感じにも見えませんし、
うまく悶々とさせつつ、
お話を進めてくれたら嬉しいなぁ、などと思ったことでありました。

うーん、私が直耶くんだったら、
色々間違った選択してそうだよなー。
だから、直耶くん、リスペクトだよ! まじで!

5巻も楽しみにしております!

しかし、なんだ。
気づいたあと、お湯飲まなかった直くんはえらいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました