スポンサーリンク

吉本ますめ先生『くまみこ』15巻 KADOKAWA 感想。



表紙ナツとまちちゃんの鶴のポーズから(笑)。
季節的には真冬と申しますか、
年末年始が舞台、ということで、
リリース時期とバッチリ合致、な感じでございまして、
ただでも面白いのに一層楽しめる、というね。
通勤中に楽しんだのでニヤニヤ、
に留めましたが、声を出して笑いたい場面も多々、で、
困ったものでした(笑)。
基本、ほのぼのではあるのですけれど、
そこで笑わせてくれるのですから貴重、でございます。
ということで、各話の感想をさらっと書き留めます。

第八十五話●来訪神
あの有名なイベントを模したお話。
ナツならハマり役、ですよね。
見た目的な凶暴っぽいところもありつつ、
ちゃんとした気配りもできる細やかさがあって。
もちろん大活躍なわけですが、
意外なところが鬼門になった感じでしっかりオチが(笑)。
『くまみこ』のバランス、良いですよねー。

第八十六話●プレシャス大晦日
大晦日といえば、大掃除とおせち作り、
ということで、ナツは掃除で大忙し、
まちちゃんはお節作り、となったようなのですが……。
微妙に嫉妬しているようなまちちゃんが可愛い(笑)。
なんとなくアレが気になるナツの気持ちもわかるんですよねぇ。
ふたり? の良い関係がわかる、
心あたたまりつつ、つい笑ってしまうような、
良いエピソードでした。

第八十七話●新年のごあいさつ
まちちゃんのおばあちゃんがしっかり登場したのって、
今回が初めてかしらん?
まちちゃんとナツの前からの風習が垣間見えるのが楽しい、
そんなお話になっておりまして。
……飲み会に付き合わされるのは大変よねー。

第八十八話●浄化の炎
物騒なタイトルでございますが、
私の地元にも同じ名称でありました、これ。
確かにそういう言い方もできるかな、
と納得しつつ(笑)。
素敵なタイトルなお話でございました。

第八十九話●凍結注意
3学期最初の担任の先生の話が最高すぎる。
めっちゃ生々しくて(笑)。
あと、ある意味、響ちゃん活躍(笑)。
冬の運転は難しいですよね、雪国。
私も冬に免許取ったのでわかります、20年以上前。
免許取って以来、20年以上、運転してないけどな!
んで、仲良し3人組分解危機は、見応えございました。
まさかの展開! で。
一応は収まるものの……ちょっとドキドキしてしまいましたです。

第九十話●決戦前夜
いよいよ受験前日となったまちちゃんエピソード。
受験会場近くに宿を取ったまちちゃん。
初めてなのか、ホテルの一室に興奮!
……というか、私も短大の受験の時、
同じ感じだったかもなぁ、と遠い目になりました。
ラジオにハガキ書いたりしたなぁ。
 ※これは採用されました。
  受験前日、有料チャンネル見るか悩んでます、
  という内容で。
ただ、まちちゃんは持ってる女……ということで、
嵐の予感漂うお話になっていたのは流石、でありました。

巻末カタストロフィ〜『愛と真実』
裏にこんなエピソードが……と思うと、
より深く楽しめる……かも? という。
こういう巻末おまけは嬉しいですね!
普通の後書きも楽しいですけれども。

ということで、めっちゃ楽しめた『くまみこ』でありました。
ほのぼの、まったりしながらも
つい笑わされてしまう……
あと、どこかしら共感するところもあったりなんかして。
素敵バランスなのですよね、私的に。
次はいよいよまちちゃんの受験かぁ。
完結も近いのかなぁ……もちっと続いてほしいなぁ、と思う、
大好きな作品なのでございますが。
響ちゃんの今後もあるし、
どんどんエピソードぶっ込んでいってほしいな!
と思った15巻でございました。

次巻も期待しております!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました