スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2020年12月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。



季節柄、クリスマス感がある表紙となっております、
今回の『月刊ドラゴンエイジ』。
目玉は武田弘光先生の特別読切『先生、はやくシてください!!』。
素敵? なお姉さんが登場する作品となっておりまして。
年上スキーにはたまりません(笑)。
個人的には期待以上に楽しめました!
近いウチに連載に復帰してくれないかなぁ、と思いつつ……。

では、少なめですがチェックした各作品の感想をば。

■佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:9 NIGHT OF THE END XX II 願いと決意
次なる動きに向けてのちょっとした静寂、でしょうか。
それぞれ、態勢を整えて改めて対峙……
となると、激しい展開になるんでしょうね。
捕らえられている味方がいる分、
嵐くんたちの動きにも制約、ためらいが出そうではありますが、
そこの葛藤なども見どころになりそうな。

次回からの動き、楽しみです。


■武田弘光先生『先生、はやくシてください!!』

特別読切! ということで、武田弘光先生が帰ってまいりました!!
今回は同人作家さんネタ、ということで、
これまでの連載『マケン姫っ!』とは一味、ふた味異なるテイストかな?
と思わせつつ、そこは武田弘光先生でありまして。
ヒロインのお姉さんがとっても魅力的で。
年上で、ちょっと抜けてて、むっちりしてて……
それでいて、作家さんらしいところはしっかりしていて。
同人誌制作のお話を中心にしつつ、
キャラクターがしっかり活きてるなぁ、と思いました。
主人公? の陰キャ大学生くんもイイ味出してましたし(笑)。

この調子で、連載で武田弘光先生作品をまた読めたらなー、
と思うのでありました。

■いつむ先生『黒ギャルさんが来る!』第10話

ご近所での遭遇エピソード。
生活圏でばったり、からの……という。
普段ならなんでもない仕事帰りのスーパーも、
黒ギャルさんがいれば一味違う!
ということで、今回も元気いっぱいなエピソードに癒やされますわー。
ある意味、日常系の作品、ですよね、これ。
黒ギャルさんがイレギュラーな存在ではありますけれど、
それがイイ味になって……って、
作品のメインがそこですけどね(笑)。

早速の黒ギャルさんお引越し効果? の出た今回ですが、
近場での遭遇確率があがると他にも色々、騒動が起こりそうで
これからのエピソードにも期待が持てそうな。
先が楽しみになるお話でございました!

■的良みらん先生『的良みらんの今夜はこれで優勝!』第7回

今回はおつまみとしてお馴染みな鮭とば!
ちょくちょく食べるものではありますが、
そこは的良みらん先生でございまして、
ひと手間かけて味わいを変えてみたりしており、
読んでいても興味深く。
酒飲み的には参考になりますねー。
そのままで美味しく頂くのも良いですけれど、
アレンジすると幅が広がる、というか……
より楽しくなりますよね、うん。

意外な印象もないわけではなかった、
的良みらん先生の食にまつわるコラム。
次回は何にチャレンジされるんでしょうねー。
珍しいものは当然、楽しいのですけれど、
今回みたいな定番もアレンジに期待がもてて
それはそれで面白そうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました