スポンサーリンク

おりもとみまな先生『ばくおん!! 台湾編』1巻 秋田書店 感想。



てっきり『ばくおん!!』スピンオフで
おりもとみまな先生以外の方が書かれているのかしら、
なんて思っていたのですが、
本家のおりもとみまな先生が描かれておられまして。
読み始めてびっくりでした。
先入観はいけないですね。

本編は、『ばくおん!!』のいつものメンバー、
羽音ちゃん、恩紗ちゃん、凛ちゃん、聖さんの4名による、
バイクでの台湾一周紀行。
旅先では軽い観光と美味しいものを頂いて、と、
実に楽しい感じ。
普段のようなネタもぐいぐい封入されつつ、
新鮮に感じられる台湾情報が嬉しいです。
特に今のタイミングだと旅行……
海外に行く、というのも難しいですからねー。
こういう作品は嬉しいです。

グルメ系も豪華、というよりはジャンク寄りのものが多く、
遠い台湾の話とはいえ、親近感が湧きました。
あと、より行ってみたくなる(笑)。
いつものメンツでの買い食いが楽しそうなのも◯!
いろいろなものが甘い、というのは初めて聞いたので驚きました。
道東の砂糖をまぶしたフレンチドッグなんかも
台湾で受けそうですね(笑)。

ちょっと期待した大同電鍋の登場はほぼなく。
一応、コンビニのシーンで例の卵販売シーンがあり、
ガワがちょっと描かれたかな? という感じで残念(笑)。
もうちょっと出てくれたらなー。
ちなみに例の卵については以下のページ参照。
『大同電気鍋』で台湾名物「茶葉蛋(チャーイエダン)」を作ってみた! → 基本放置でOK、ただし家中が台湾コンビニ臭になった / 大同電鍋記:第4回
台湾の神家電こと『大同電鍋』。台湾では一家に一台以上あると言われる国民的アイテムだ。もし名前を知らなくても、こう言えばわかるだろう。「台湾のコンビニで煮卵売っ …

お話的には1巻完結ではなく続くようで嬉しい限り。
読んでいて終盤の方では
「もう終わりなのかな?」
と思いながらページを進める感じでしたので。
番外的なエピソードとも言えそうなのですが、
バイクの醍醐味でありそうな旅を満喫できるので
個人的には非常に気に入りました。
メインの『ばくおん!!』が楽しみなのはもちろんですが、
『台湾編』も見逃せないですね!

ということで、こんな時期ではございますが
『ばくおん!!』メンバーとの台湾旅を満喫いたしました。
次巻も期待しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました