スポンサーリンク

冬目景先生『空電の姫君』2巻 講談社 感想。



発売直後に読み、
再読だったのですがやはり面白く。
ぐいぐい読み進めてしまいました。

バンドとしてはボーカルがネックだったアルタゴ。
思いは入り組む訳ですけれども、
夜祈子さんを誘い入れる感じに流れは進んで。
もちろん、簡単にいきそうもないのは、
ここまでの彼女の感じからしてわかってはいましたけれど。
磨音ちゃん経由でバンド活動以外での親交も深まっていましたし、
流れ的には納得な感じ、でございました。

意外だったのは、夜祈子さんの追っかけっぽかった女の子の
今後の鍵になりそうでもある活躍ですかねー。
不意に大きな流れになってしまったときに、
皆がこれまで通りにやっていけるのかどうか、
ちょいと気になるところだったりします。

夜祈子さんの過去も描かれていましたが、
今後にも影響してくるのかなぁ……
節目、節目で効いてきそうな感じもあり、
気になるところではございます。

色恋系での関係崩壊は今の所なさそうですけれども、
今後もそういうことなければ良いなぁ、などと思いつつ。
夜祈子さんが魅力的ですからのぅ……。
個人的には磨音ちゃん推しなんですが(笑)。

と、しばらく間を置いての再読でございましたが
とても楽しゅうございました。
余計に新刊が楽しみになってしまう、というか(笑)。
でも、刊行ペース的にもちっと先の話よね(^^ゞ。
待ちきれない思いは、他の作品を読みながらなんとかするとしまして……
続き、めっちゃ期待しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました