スポンサーリンク

鳴見なる先生『渡くんの××が崩壊寸前』13巻 講談社 感想。

ということで、お話の方でございますが。
渡くんが驚きの行動力を発揮!
……いや、いつもギリギリのところで動き出す感じですけれども(^^ゞ。
結構無茶な手段にも手を出しつつ、
なんとしても紗月に近づこう、という強い意志が感じられるのが○。
その分、石原さんを放置しているようなカタチになっているのが、
今後どのように影響してくるのか。

色々ありつつ再会、の場面……
なかなかによろしゅうございました。
石原さんのこともあるので、
さすがにまだ渡くんもスッキリ、という感じではないですが。
紗月との関係を修復できたっぽいのは良かったかな? と。

んで、修学旅行後に梅澤さん絡みのドタバタが。
こちらは渡くんの気持ちの整理につながる感じ、ですかねー。
紗月の位置づけがハッキリしてくる、というか。
梅澤さんはちょいとかわいそうな感じもありますが……
そこは仕方ないですかねー。
こういうコトの積み重ねが、
渡くんが自分を省みて、石原さん、紗月に向かっていく……
のにつながるのかなー、なんて。
それにしても、
ちょいと待ち合わせに遅れたくらいで、紗月も動じなくなったのね。
渡くんと紗月の関係も一歩前進、といったところかしらん。

ただ……うーん、紗月との関係修復は良いのですが、
石原さんもこのまま黙ってはいないでしょうし、
どんな動きになってくるのでしょうね?
梅澤さんは後退しましたけれど。
13巻ではありますが、まだまだ山場がありそうなこの作品。
続き、ますます楽しみでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました