スポンサーリンク

インスタントポット使い始めております。

先日のAmazon prime dayで購入したインスタントポット。
早速使っております。

マルチクッカーInstant Pot(インスタントポット)があなたのキッチンライフを変える
2010年からカナダやアメリカで販売され、2016年には年間最大の記録的ヒットとなったマルチ電気圧力鍋「instant Pot (インスタントポット)」がいよいよ日本に登場。圧力、煮込む、炒める、蒸す、炊飯、スロークック、ヨーグルトメーカーの7つの調理法がこの1台で。

ステンレス製内鍋だったり、
蓋の作りがシンプルで助かっている感じです。
焦げ付かない加工がされている内鍋だと
ちょっとコーティングが剥がれたりするのが気になるところですけれど、
ステンレス製だとそんなことはなし!
 ※その分、焦げ付き注意ですが。
蓋の作りは洗い物が減って単純にありがたく。

ここまで作ったのは、
カレー、大根とシーチキンの煮物、大根と手羽元の煮物。
カレーはこちらのルーを初めて使ってみたのですが……
いやー、辛い(笑)。
美味しくできた、とかいう前に辛くて^^;。

S&B ゴールデンカレー バリ辛 198g×3箱
ゴールデン
¥998 (¥333 / 個)(2021/07/03 23:01時点)

調理器具のベンチマーク的に使うには不適切でした(笑)。
大根系煮物は美味しくできました!
味しみしみでしたし、手羽元はほろほろで。
味は……面倒ですし、北海道で生まれ育ったこともあって
コレを使って楽をしました。

めんつゆ系、便利ですよねー。
色々調味料使わなくても一発でそれなりに仕上がりますし。
料理のハードル下がるのは素敵!

インスタントポット、心配していたのは操作系だったのですが、
割と使ってみたら楽だったので一安心。
当然、まだまだ付属のレシピブックを頼りに、
作りたいものに似たメニューの圧力を参考に設定、
という感じですけれども。
使い慣れてきたら勘でいけるようになるのかなー。

炒め機能は結構便利に使えています。
ウチはガス台の上にダンボールを渡してその上に電気鍋並べてる状態で、
全く炒め物とかできなくて(笑)。
そんな中では本当、ありがたい機能でして。
まだ、煮込む前にちょっと火を通す、というレベルのでの利用なものの、
やろうと思えば焼きそばとかも作れそうな雰囲気はありまして。
今度、チャレンジしてみようかな。

時短についてはそこまで実感はできておらず。
平日夜に帰宅してから調理、というのはなかなかしんどいかな、
と感じています。
多分、活用しようとすると20時から食べて21〜22時に寝る、
みたいなことになりそうで。それはやばいでしょう。
休日にほったらかしで作るのにはえらい便利で。
おやすみの日の楽しみに当面、使おう、という現状です。

サイズは3リットルでちょうどよかったです。
一人暮らしなので容量的な面、というのもありますし、
洗い物が小さくて済む、というのも良かったかな、と。
何気に「でかい鍋を洗う」って面倒でして……
結構、後片付けの手間って自炊やるにあたって大事だと思うんですよね。
私としては、3リットルのインスタントポットの洗い物なら、
割と苦にならない、と感じられておりまして。
コレはいい感じなのではないかしら、と。

ただ、置き場所は割ととるので、その点は注意ですね。
3リットルだとちょっと大きめの炊飯器のイメージでしょうか。
ウチは炊飯器を退役させてそこの場所に設置する感じにしました。
炊飯器と並べて置く、というのはなかなか大変かと思います。
じゃあ、普段棚にしまって使うときに出す感じに、
となると面倒で使わなくなってしまいそうで……悩ましいところ。

という塩梅で、楽しく使えておりますインスタントポット。
衝動買いに近いカタチで購入に至ったものの、
満足のいくお買い物ができたかしらん。
大きさ問題はございますが^^;。
それでは、色々作ってみますかー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました