スポンサーリンク

ぽんとごたんだ先生『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』10巻 双葉社 感想。

1食め ちょっ、それさばくんすか? / 桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? - ぽんとごたんだ | webアクション
食えれば食う、食わねば食えぬ、ナニモノも!? 一見普通の女子高生、桐谷さん。だけどその脳内は、「珍食材をさばいて食べる」ことでいっぱい! 雑食界で話題沸騰(?)の異色グルメコミック!



ついに大台、10巻リリースとなりました、
ぽんとごたんだ先生の雑食コメディ? 『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』。
今回も先端をいく食から、驚愕、意外性の食、等々、
バラエティに富んだ食事内容が満載!

最先端な肉事情にまつわるお話については、
割と最近、コンビニに出かけると目にすることもあったりして、
なかなか身近な話題になってきている印象で。
そこでこの『桐谷さん』のエピソードを読んでおけば、
さらに味わい深くなるかしらん、と。

ピラニアは……食べられるの? と一瞬思いましたけれど、
冷静になってみるとイケそうですよね。
作中での調理も悪くなさそうで、
機会があったら食べてみたいような。
見た目的にも歯さえ気にしなければ普通の魚っぽいですし(笑)。

霊長類はハードル高いですね! これは!
わんこに近いハードルを感じてしまう^^;。
そのあたりの心理的な部分を突破できれば、
何やら美味しそうではあるのですが。
食べるのはなんとかなりそうですけど、
捌くのは……かなりキツそうですね……。

公園のいろいろを食するのは面白い企画でした。
これまた、結構美味しそうに仕上がっていたのが好印象で。
スズメさんはハードですけどね(笑)。
骨もいける、というのが意外でした。
鳥の骨って、どことなく刺さりやすい印象がありまして、
ちょいと抵抗を感じますけれど、
一度は食べてみたいかしらねぇ……。
美味しそうに焼き上がっていたら、
そこまで気にはならないのかもしれないですし。

当方どさんこでございますが、”たこまんま”は知らなかったです。
まぁ、山の中、炭鉱の街で育ちましたし、
海の珍味はなかなか……という事情もありますけれども、
なんだか悔しいですね(笑)。
作中のビジュアルもなかなかにハードで。
YouTubeで捌いている動画もありました。
【タコの卵】を切ったらとんでもない事に・・・美味しい食べ方の動画。
味は良いみたいなので機会があれば、
これも口にしてみたいものですが、
難易度高そうですよねー。
やっぱり通販かなぁ。
北海道の珍味「たこまんま」が通販で買えるって知ってましたか? - 価格.comマガジン
市場になかなか出回らない珍味「たこまんま」。お酒に合うとウワサのタコの卵巣を塩漬けした「まんまの塩辛」と、三杯酢に漬けた「まんまの三杯酢」を食べ比べてみました

世界のフルーツ系は、ほんと驚いたというかなんというか。
知っている果物ってほんの一部なんだなぁ……
日持ちの関係から現地でのみ消費されるものもあるでしょうし、
ちょっと考えてみれば「そりゃそうだ」という感じではあるのですけれど。
お話の中で取り上げられているものも個性的なものが多く。
初耳のものばかり(笑)。
桐谷さん実食の場面でもしんどそうなのがあるくらいでして、
初めてかつ、調理方法ノーヒントでいただくのは、
結構大変そう(笑)。
それだけに、読むのは楽しかったですけれどもね。

とまぁ、肉に魚に卵にデザート、と、
バランスも良い? 10巻でした。
どんどん深くなる部分もありながら、
親しみやすいお話で引っ張ってくれるのが楽しいです。

次巻はどんな食材が待っているのかしら。
楽しみに待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました