スポンサーリンク

Amazonオーディオブック : Audible (オーディブル)に登録してみました。

Amazonのオーディオブック、Audible。
知り合いからもオススメされていたのですが、
どことなく踏ん切りがつかずここまできていて。
プライム会員限定、2か月無料キャンペーン、とのことでしたので思い切って登録してみました。
Amazonオーディオブック : Audible (オーディブル)|最初の1冊は無料|Audible.co.jp公式サイト
Amazonのオーディオブック、Audible(オーディブル)で本を聴こう。最初の1冊は無料。ビジネス書や英語、落語や声優による名作文学の朗読をアプリで聴ける。

Audible会員の特徴は……
 ・月額1,500円。
 ・月に1冊、価格に関係なくオーディオブックを購入する権利を得られる。
   ※1コインで購入できる、というスタイル。
 ・月替わりのボーナスタイトル1冊を楽しめる。
 ・聴き放題のポッドキャストがある。
 ・退会後も聴き返せる。
 ・オフライン再生可能。
 ・会員価格で購入できる。
という感じなのかしら。

んでもって、記念すべき最初の1冊に選んだのがこちら!
水滸伝 一 曙光の章
Check out this great listen on Audible.co.jp. 十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた――。世直しへの強い志を胸に、漢(おとこ)たちは圧倒的な官軍に挑んでいく。地位を捨て、愛する者を失い、そ...

北方謙三先生の『水滸伝』でございます。
某社のゲームを小中学生時分にプレイした記憶があったり、
横山光輝先生の『水滸伝』を読んだこともあり、
子供向けのものも目にしたことがあったような。
あと、ミヤリサン製薬提供のラジオで放送されていた
北方謙三 水滸伝もちょっと聴いてまして。
オーディオブック版のナレーションが
あの松平定知さんというのも背中を押しました。

聴き始めは、ちょっと難しいかな、と。
専門用語、というか、宋の時代のワードが出てくると厳しくて。
「きんぐん」がピンと来ずに少々戸惑い。
文字だったら簡単に調べられるのですけれど、音だと難しい、というね。
「金軍」にしては、早すぎるし?
と思いつつ検索を重ねて結果「禁軍」でございました。
今後、似たようなこともあるのでしょうけれども、
その辺りは乗り越えなきゃ、ですね。

ただ、ちょいと聴き続けていると、
ぐいぐいお話に引っ張られて、やめ時を見つけるのが大変でした。
さすが、と思ったことでした。
登場人物も多い作品ですし、
先程のような用語的に難しい部分も出てきそうですけれども
今、感じている人物の魅力だったり、
ナレーション・朗読の心地よさの方が勝るかもなぁ、
そんな登録初日、なのでございました。

なお、今回選んだ『水滸伝』の1巻は、
再生時間 11時間43分とのこと。無料お試しでこのボリュームが……
月々1,500円にしても、
ドラマCD的なのを買うことを考えれば安い……と思えてしまう不思議。
なお、Androidスマホにダウンロードしてみたところ、
容量は高音質設定で680MBほどでした。
DLして楽しむのであれば、SDカートなどを使った方が幸せになれそうではあります。

ともかく、当面、会員となって楽しもうかな?
などと思い始めてはおります。
価格的には動画配信などにも入れそうなところなので、
なかなかに難しいのですけれども。
元々ラジオ好きな私なので、
こちらの方が性に合っているのかもなー、なんてことも思ったり。

なんだかんだいいつつ、無料期間終わる日には
アラート設定して再検討! はしてみるつもりでございます。

でもなー。
現状で既に、王進と史進のエピソードが面白くてたまらないんですよね……。

どうしたものか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました